1. HOME
  2. バス
  3. 浴室暖房乾燥機
  4. プラズマクラスターイオン

浴室暖房乾燥機

プラズマクラスターイオンが浴室に浮遊する「カビ菌」※1を除菌

プラズマクラスターイオンが浴室に浮遊する「カビ菌」を除菌

プラズマクラスターイオン

浴室内に浮遊するしつこい汚れのもと「浮遊カビ菌」を、乾燥運転時にプラズマクラスターイオンを放出して分解・除去します。

これが健康テクノロジー、「プラズマクラスター」技術

「プラズマクラスター」による除菌メカニズム(イメージ図)

イオンを放出

自然界にあるのと同じプラス(H+)とマイナス(O2)のイオンを、プラズマ放電により作り出し空気中に放出。

カビ菌に作用

浮遊カビ菌の表面に付着し、非常に酸化力の強いOHラジカルに変化。
表面のタンパク質から瞬時に水素(H)を抜き取り、タンパク質を分解。

水になって空気中に戻る

抜き取った水素(H)とOHラジカルが結合し、水(H2O)になって空気中に戻る。

プラズマクラスターの効果は、使用場所の状況(温度・湿度、広さ、形状、エアコン・換気などの使用の有無、商品の設置場所など)や商品特性、使いかた(イオンの吹き出し方向・運転モード・運転時間など)、個人によって異なります。

  • ※1 ●試験機関:(財)石川県予防医学協会
    ●試験方法:約31㎥(約8畳相当)の試験空間にプラズマクラスターイオンを放出し、浮遊カビ菌をエアーサンプラーにて測定。(プラズマクラスターイオン濃度:3,000個/㎤)
    ■試験結果:約195分で除去率99%
  • ※2 水分子に取り囲まれていないイオンと比較、シャープ株式会社調べ。

プラズマクラスターロゴおよびプラズマクラスター、Plasmaclusterはシャープ株式会社の登録商標です。