消費生活用製品安全法により「特定保守製品」マークのある製品について、経年劣化による重大製品事故を未然に防止するため所有者登録や点検(有料)などが求められています。
詳しくは「保守点検制度」のページをご覧ください。