家族だんらんの場所を快適にしてくれる床暖房。静岡県I様ご家族
●お住まい 茨城県
●ご家族構成 2人(ご夫婦)
●住まいの設備 床暖房(リビング・キッチン22畳)
ファンコンベクタ2台
パネルヒータ3台
太陽光発電(3kW)
●ECO ONE使用年数 1年2カ月

「寒い家はコリゴリ!」 寒がり奥様も大満足の床暖房

「台湾に住む前は同じ茨城県内で一軒家に住んでいましたが、
いまどきの家のように気密性も高くなかったので、とにかく寒かったんです。
こたつに入るとそのまま出られなくなっていました」と苦笑いの奥様。
「台湾は温暖なので1年中快適でした。その分日本に戻った時の寒さを考えると、恐ろしくて(笑)床暖房は絶対入れたい!と主人と話していました。」

「床暖房は本当に快適!これがないともう冬はすごせません」
ガスの床暖房は電気と比べて立ち上がりが早いと聞きますし、すぐ暖まって快適です」

寒い朝は暖まりが早いファンコンベクタも併用して、快適な冬を過ごされているようです。




脱衣室もふんわり暖か、パネルヒータの威力

脱衣室とトイレにはパネルヒータを設置されているI様邸。
以前は電気温風機を使われていたとのことですが。

「温風機は風があたるので、かえって寒い思いをしていました。
でもパネルヒータは風もなく、じんわり暖かいので、気持ちいいです。
それに、お部屋の寒暖差が激しいと、体に負担がかかると聞いたのですが
パネルヒータのおかげで、リビングとの室温差も少なく、安心ですね」

床暖房にパネルヒータ、ファンコンベクタとガス暖房が大活躍!
寒さ知らずの快適な暮らしに奥様も大満足のようです。


暖房フル活用でもエコワンならこんなにお得に。

機械部品のお仕事をされているご主人。
もともと詳しい上に研究熱心で、さまざまな給湯機器を比べられていたようです。

「仕事柄、ヒートポンプの効率の良さは知っていましたので、エコキュートにしようかなと思っていました。しかし、夫婦2人の暮らしを考えると、日中も家に在宅することが多くなり、深夜電力料金のメリットを十分に活用できないと思いました。
また引っ越しをすることで、以前よりワット数があがり基本料金が高くなることに加え、震災でオール電化が不安視されていたこともあり、もっとほかに良い給湯器がないかと探し始めました。」

「妻が床暖房を強く希望していたこともあり、ガスの床暖房が暖かくてよさそうだということでいろいろ調べていてECO ONEを知りました。
他の機器と光熱費をシュミレーションしたうえで、ガスと電気を組み合わせるという全く新しいコンセプトに共感し、最終的にECO ONEに決めました。」

「昔の家は灯油を使っていました。冬の光熱費はだいたい4万円くらい。そのうち半分は灯油代でしたね。
いまは床暖房の特別プランに入っていることもあり、床暖房をフルに使用しても冬の光熱費を安く抑えられていると思います。
夏は太陽光発電の売電を考えると、ほとんど光熱費がかかっていないのもうれしいですね」

とても仲の良いI様ご夫婦。
お孫さんが遊びに来られるのが何よりも楽しみとのこと。
快適なECO ONEのあるお家で、これからもご家族元気にお過ごしくくださいね!




光熱費レポート I様邸

ご使用の設備

床暖房(リビング・キッチン22畳)、ファンコンベクタ2台、パネルヒータ3台

eco one シングルハイブリッド 省エネ床暖房「床ほっとE」 ファンコンベクタ パネルヒータ
ご使用の設備

※ハイブリッド給湯・暖房システムECO ONE(シングルハイブリッドシリーズ100Lタイプ)、ガス暖房専用熱源機使用。2013年2月〜5月、2014年3月は床暖房(リビング・キッチン22畳)を1日6時間使用。太陽光発電3.0kW。

ページトップへ