R.STYLE
上部に戻る

ガラストップコンロ smileお手入れ術 らくキラッ★

  • TOP
  • 動画
  • らくキラッ!とは
  • 時短のおはなし
  • 計画表
  • チェックリスト
  • 座談会

ガラストップコンロ smileお手入れ術 らくキラッ★

  • 「お手入れ術」動画
  • らくキラッ!とは
  • 時短のおはなし
  • 計画表
  • チェックリスト
  • 座談会
イメージ

ガラストップコンロ らくキラ★ smileお手入れ術

イラスト
イラスト
次へ

お手入れ術の動画をみる

トッププレートのお手入れは?
トッププレートのひどい汚れは?
バーナーまわりはどうするの?
バーナーまわりの焦げつきは?
グリルはどこを洗うの?
グリルは分解できるのね1
お手入れが苦手な私でも、続けられる方法は?
次へ

らくキラ★ 楽しくカンタンに、時短お手入れ術

らくキラッ!。 それは、カンタンなお手入れでコンロのキレイがずっと続く方法のことです。リンナイのガラストップコンロは、ふくだけでキレイになるフラットなトッププレートや、分解できて洗いやすいグリル、汚れがつきにくいクリアコート加工のグリル皿など、お手入れがしやすい工夫がいっぱいです。だから、毎日のちょっとしたお手入れでキレイをカンタンにキープできます。さぁ、汚れをため込まずに楽しくはじめましょう。

次へ

覚えておきたい! 時短お手入れ4つのポイント

  • 覚えておきたい! 時短お手入れ4つのポイント
    • 時間 汚れがついたらすぐお手入れ!
    • 力 汚れが軽いほど力いらず!
    • 温度 汚れを落としやすいのはお湯!
    • 洗剤 汚れや素材に適した洗剤を!
  • 覚えておきたい! 時短お手入れ4つのポイント 時間
  • 覚えておきたい! 時短お手入れ4つのポイント 力
  • 覚えておきたい! 時短お手入れ4つのポイント 温度
  • 覚えておきたい! 時短お手入れ4つのポイント 洗剤
次へ
PDFをダウンロード
次へ
いつもキラキラ! チェックリスト
PDFをダウンロード
  • いつもキラキラ! ついでに3分お手入れ

    はりきり15分お手入れ チェックリスト をみる

  • いつもキラキラ! はりきり15分お手入れ

    ついでに3分お手入れ チェックリスト をみる

次へ
らくキラ★ 座談会
らくキラ★ 座談会 メンバー

らくキラ★ 座談会 そうじは時間かけずラクにしたい!

らくキラ★ 座談会イメージ
浅野目
座談会を始めさせていただきます。まず、「そうじが好き!」な人は?
加藤・立島
はい!
浅野目
全員は手が挙がらないですね(笑)。では、どういうところが好きで、どういうところが嫌いですか。
知念
好きかって聞かれると、素直に手が挙がりませんでした。キレイになるのは好きだけれど、よりラクに、より簡単に、短時間でということを常に考えながらそうじしています。
奥田
知念さんとまったく一緒!
そんなに好きではないけれど、終わったあとに自分の磨きあげた場所を見ると、「やったな!」という充実感はあります。
太田
私も、あまり好きではないです。なので、気づいたときに少しずつパパッとすることを、嫌いなだけにモットーにしています。
立島
私は好きです。体調が悪いときや時間がないときもありますが、それはそれなりに工夫できるので、楽しみの一つになっています。いつもワンパターンではなく、少し工夫をしながらそうじをすることが楽しいですね。
加藤
私もそうじは大好きです。でも、すごく時間をかけてしまうので、もう少し手際よくできるようにしたいですね。
立島
わかるわ、はまっていく感じ。
浅野目
好きだからこそ時間をかけてしまうのね。下田さんはどうですか。
下田
好きとは言えないです。でも簡単にできたときは「やったー!」と思います。ピカピカにしたい一心で気合を入れてがんばって、ご褒美にいつも甘いものを食べています。
大津
そうじを好きではない人も、キレイになるのは好きですよね。
皆さんの話を聞いていて、ただ黙々とするのではなく、そうじの方法を工夫したり、自分へのご褒美を決めるなど何か楽しみがあればいいのかなと思いました。例えば、キッチンタイマーをポケットに入れて時間と競争してみたり、好きな音楽をかけてみるとか。そういう工夫や、やり終えたときの充実感で、そうじをすることが好きになるかもしれないですね。

らくキラ★ 座談会 汚れは熱いうちが落としやすい!

らくキラ★ 座談会イメージ
浅野目
皆さんは普段、コンロをどんなふうにお手入れしていますか。まずは、トッププレートとごとくのお手入れ方法を教えてください。
知念
基本的には調理のあとすぐお手入れします。汚れたままにしておくと、かたまって大変なことになってしまうので。コンロをふく雑巾とちょっとした洗剤類はコンロの近くに置いて、すぐふける状態にしてあります。そうすると、お手入れもあまり苦ではないですよ。
下田
素晴らしい!目の前にあるからすぐできて、いいアイデアね。
知念
すべてラクするための方法です!それから、お湯がふきこぼれたときは、「ふきそうじのチャンス!」ですよ。水よりもお湯のほうが汚れは落ちやすいので。また、お湯をわかすときは壁をふきそうじをしています。蒸気が上にいくので、壁がしめってふきやすいんですよ。
大津
そうじのためにわざわざお湯を沸かすこともあるから、素敵な方法ね。
浅野目
奥田さんはどうですか。
奥田
私の場合、料理は母親、後片付けは私が担当なんですが、母は汚れに対してあまり敏感ではないので…。年末の大そうじのことを考えると、後片付けのときにトッププレートやごとくのふきそうじを一緒にしています。
下田
私も毎回トッププレートとごとくを一緒にふきます。
ごとくも結構目に見えない汚れがついていて、ふきこぼれもそのままにしておくと、すごいことになりますから。毎日ぼろ布でふいて、月に1回くらいつけおきなどで丁寧に洗います。
加藤
私はマイクロファイバーのふきんがお手入れの相棒です。
料理はちょっと下手で、おつゆ系とか、トマトソース系とかをふきこぼすことが多いけれど、すぐふいて洗えばトッププレートもマイクロファイバーもキレイに汚れが落ちます。
太田
ごとくも毎回洗っていますが、洗いにくくないですか。よく見るとポコッとした焦げつきがあったりして、これが家にある普通のそうじ道具ではなかなか取れないんです。
立島
私は鍋に重層水を作って、ごとくを入れて煮立てます。汚れが割とすぐゆるんで、ブラシを使えば隅の汚れまで簡単に取れる気がします。ラクでおススメですよ。
大津
皆さん、さすが!トッププレートとごとくは調理をしたらすぐお手入れするのが、一番ラクにキレイをキープできる方法ですからね。お手入れ道具について少し話すと、熱いうちに汚れを落とすなら、ぼろ布やマイクロファイバーなどどんな素材のものでもキレイにできます。こびりついた汚れを落とすなら、ジーパンの生地やラップ、歯ブラシ、クレジットカード系などが便利。布系とブラシ系とこする系の3タイプを準備しておけば、だいたいの汚れには対応できます。
コップやカゴに入れてコンロの近くに置いておけば、すぐ使えていいですよ。

らくキラ★ 座談会 「とりあえず4分間」でやる気を出す!

らくキラ★ 座談会イメージ
浅野目
コンロのお手入れでやる気をだすのは、一般の主婦にとって大変かなと思うときがありますが、皆さんはどうですか。
知念
お客さまのところでベトベトになったコンロを見ると、お手入れのやり方がわからないから手が出せないのかなと思います。
浅野目
どういう順序でするのか、計画を立てるとお手入れはしやすいですよね。でも、お手上げ状態になってしまったら、やる気はなかなか出てこないかも。
知念
ゴールが見えないですから…。
立島
やる気はあっても、やり方がわからないから結果は汚れたままという状況もよく見ます。
浅野目
また、一生懸命磨いている場所とは違うところに汚れがたまっていたりすることもありますね。
立島
この汚れがどうして目に入らないのかなって思っても、本人はまったく気づいていないっていうところがおもしろいです。
浅野目
そういう場合は、どうしたらいいのかしら。
大津
お手入れ方法を知ることは大切だけれど、やる気も大切!やる気を出す一つの方法として、とりあえず「4分間だけがんばる」と決めて始めてみましょう。
4分間というのは心理学でやる気のでる分数で、最初の4分間を乗り切れば、そのあともスムーズに続けられるそうです。やる気がでなければ、やめても大丈夫。でも4分間やると、なんとなく体がついてきますよ。
浅野目
4分間あれば、相当お手入れできますね。
下田
トッププレートとごとくをふくくらいなら簡単にできます。
浅野目
さすがプロ!

らくキラ★ 座談会 グリルは分解できて、実は洗いやすい!

らくキラ★ 座談会イメージ
浅野目
コンロのお手入れで大変な場所といえばグリルだと思いますが、皆さんどうですか。
奥田
お客さまで、グリルの焼網を毎回洗わない方がいましたが、そこが焦げるとどの洗剤でも取れなくて、ヘラとかでガシガシ削るしかなかった…。グリルの庫内はガシガシできないので、シップ法でかなり時間をおかないと汚れは取れなかったですね。
浅野目
魚を焼いて洗わずに、そのままもう1回焼くと、全部焦げがくっついてしまいますからね。
立島
魚を焼いていないのに、いい匂いがするみたいな(笑)。
洗わないことが習慣になっているのかしら。最近よくあるグリルに水を入れないタイプでも、グリル皿に魚の油が1cmくらい溜まっているお宅もありましたね。
大津
水を入れる場合は、水を取り替えるという意識があるけれど、入れない場合はその意識がないから、汚れたままでもいいのかなって思うのかもしれないわね。
立島
今のグリルは分解できるようになっていて、洗いやすく工夫されているんですけどね。何がどこまで外れるかを確かめながらお手入れすれば、ラクにできると思います。
大津
ただ、どこまで取り外せるかを知らない人も多いわよね。
立島
また外せない部分をどこまでふいていいのか、触っていいのかがわからない。変に触って壊したらいけないと思うと、お手入れもなかなかできないのかも。
大津
便利になったからこそ構造が単純ではないから、壊れたら嫌だと思ってお手入れできないことはあるかもしれません。
立島
取扱い説明書には書いてあるけれど、全部読もうと思うと結構大変…。
大津
私はいつも、取扱い説明書は最高のお手入れノウハウ本だと思っています。でも、見るかと言えば、見ない。わかりやすく伝えられることが一番よね。
浅野目
私はリンナイさんの水を入れないタイプのコンロを使っていますが、魚の油がたくさんついても洗えば本当にすぐキレイになります。
大津
リンナイさんのコンロは特に汚れにくく、汚れても落としやすい工夫がされているから、本当にお手入れが簡単にできます。いつもキレイに安全に使うために、「使ったついでに!」というお手入れの習慣をつけるようにするといいですね。

らくキラ★ 座談会 竹串も便利なお手入れ道具に!

らくキラ★ 座談会イメージ
大津
皆さんの話からコンロの汚れが落ちにくい理由をまとめると、汚れに熱が加わると水分が飛んで、汚れのレベルがあがって炭になってしまうからということですね。だからこそコンロは、使ったらすぐお手入れしたい場所です。
全員
そうですね。コンロの汚れは油の塊で炭ですから。
大津
なぜしつこい汚れになるのかの「なぜ」の部分がわかると、お手入れが苦手な人も「ここだけはやらなければ」と思うのではないかしら。
浅野目
確かにやる気をだす方法の一つになるかもしれません。
大津
汚れたらすぐふき取るというひと手間で、危険は遠ざけられ、しかもキレイになる!一石二鳥ですね。ところで皆さん、コンロのお手入れで工夫していることは何かありますか。
下田
竹串やつまようじを隅などあらゆるところの汚れ取りに使っています。
知念
隅がキレイになると、仕上がりが違いますよね。私がよく使うのは、ごはんや食品をレンジで温めたときに使ったラップ。あまり汚れていないラップは、トッププレートの汚れ落としてでもう少しがんばって働いてもらってからポイしています。
浅野目
ラップを使うときは重曹か何かを使いますか。
知念
隅がキレイになると、仕上がりが違いますよね。私がよく使うのは、ごはんや食品をレンジで温めたときに使ったラップ。あまり汚れていないラップは、トッププレートの汚れ落としてでもう少しがんばって働いてもらってからポイしています。
浅野目
ラップを使うときは重曹か何かを使いますか。
知念
重曹や研磨を使うときもありますが、汚れ具合によっては水だけでお手入れするときもあります。
奥田
私はシップ法です。しつこい汚れには、少し厚めのキッチンペーパーを使ってシップし、時間をおいてから洗うほうが汚れの落ち具合が全然違います。
下田
熱いうちのほうが、汚れは取れやすいからね。
大津
皆さん、そうじの4要素を理解していますね。そうじには原理・原則の4要素というのがあります。「時間」「温度」「洗剤」「力」。ラクしてキレイにしたいとき、この4つの要素の何を少なくしたらいいかを考えてみると、まずはこする「力」。力を少なくするために、洗剤をたくさん使えば取り除くが面倒なので、「時間」と「温度」を上手に使うことがポイントになります。だからシップ法も、熱いうちにお手入れするのもいい方法で理に適っているんですよ。この4要素をいつも頭に入れておくと、どんなお手入れをしたらいいかがわかると思います。汚れに対してお手入れ方法や道具を工夫しながら、お手入れを楽しんでもらえるとうれしいですね。