1. HOME
  2. 「次世代住宅ポイント制度」
  3. 次世代住宅ポイントマニュアル

納品書記載例・代用納品書について

「納品書」は、主に販売店様が、工事施工者様へ対象製品を納入した時に発行する書類です。
「納品書」はポイント申請に必須の重要な書類です。汚れ・破れ・紛失等が無いよう大切に取り扱いください。
書面には、必ず①~③の項目の記載があること が必須となります。

通常使用する「納品書」の例  ※ ポイント申請用書類は「写し」で可

  1. ① 納入先名;
    工事施工者様名(施主様との工事請負契約取り交わし先)または施主様名
  2. ② 発行者名;
    工事施工者様への納入者様=販売店様等の川上の供給元
  3. ③ 型番(商品品番);
    次世代住宅ポイント事務局に登録された「製品型番」文字列と同一である必要があります。

    「-」ハイフンの有無などご確認ください。注意)「納品書」記載の文字列に、スペース(空白)が使用されている場合は、必ず「次世代住宅ポイント事務局」へご相談ください。
    ※ハイブリッド給湯器(本州・四国・九州・沖縄向け)はヒートポンプの品番、ハイブリッド給湯器(北海道向け)は熱源機の品番の、記載が必要です。

  4. ④ 納入価格欄は不要です。
    黒塗りの上ご提出ください。
×悪い例:次のような記載がある場合は、申請書類として使用できません。
  • ・製品名、商品愛称名のみ記載;「システムキッチン〇△×□ 食器洗機」などの記載のみ
  • ・製品個別の型番記載なし ;「システムキッチン〇△×□一式」などの記載のみで、「製品型番」の記載なし
  • ・「製品型番」との不一致;例) 納品書;RHP-R222␣(E) ← 登録「製品型番」;RHP-R222(E)

※「納品書」に、スペース(空白)がある、ハイフン(-)の有無などの差異がある場合はご注意願います。

  • ・対象外の型番:対象製品としてポイント事務局に登録されていない型番(品番)の製品の場合

※「納品書」の汚れ・破れ・紛失、不備(製品型番の不一致、記載事項の漏れ等)の場合は、必ず販売店様に「納品書」の再発行をお願いしてください。
(代用措置については、下記を参照)

「納品書」の代用措置

下記リンクよりダウンロードいただける「次世代住宅ポイント専用 納品書」に、販売店様にて①②③を正しくご記入・販売店様の印をご捺印ください。

  1. ① 宛先(納入先);
    工事施工者名または施工邸名を記入
  2. ② 製品型番;
    対象商品証明書と同じ型番を記載ください
  3. ③ 発行者名;
    メーカー等、販売店、卸業者等の名称を記入

対象製品証明書記載例

次世代住宅ポイント事務局ホームページより、「対象製品」の種別毎にフォーム(様式)をダウンロードし、必要事項を記載。

  1. ① 施工邸名、住所、施工完了日を記入
  2. ② 工事施工者名(施主と工事請負契約をしている者)を記入
  3. ③ 「製品型番」は自動印字されます

高効率給湯器の場合は該当する給湯器のチェックも自動印字されます。

ページトップへ戻る