1. HOME
  2. リンナイのある暮らし
  3. エッセイで贈るお料理レシピ
  4. ピザ風モーニングブレッド

エッセイで贈るお料理レシピ 家族のために作るごはん。からだにやさしい、からだにおいしい、お料理作りレシピを紹介します。

LOVELY で 『今日もDelicious!』 act.7 モーニングブレッドは仲直りの味(*^_^*)

ストレス続きでお肌アレ放題。コラーゲンパックが手放せないヒヨリンこと久留米日和です。
こないだのお花見温泉以来、彼とはろくに口きいてません。もう、彼の優柔不断な態度にはあきれてモノが言えません・・・
ってか、私たちが付き合っていることを職場に秘密にしているからって、あんなに他人のフリしなくてもいいじゃない!
でもって私の目の前でユリと仲良くすることないじゃない!キーッ!!(怒)思い出すたびに腹が立つわ!

肌も荒れてるけど、しばらく彼をウチに呼んでないせいか掃除もないがしろ。部屋の中も荒れ放題・・・ん?そういえば、部屋と言えば・・・彼、今月引っ越しするって言ってたなぁ。
今の部屋が手狭になったからって言ってたけど、引っ越し手伝った方がいいかなぁ?いやいや、あんな仕打ちされて優しくしたらまたつけ上がるわ!無視無視!ユリにでも手伝ってもらえばいいんだわ!

でも・・・ホントにユリが来るんじゃないかと心配になって、ちょっと様子を見に来ちゃった。
玄関開いてたから奥をそっと覗くと、彼が私に気づいた。

「あ、ヒヨリン、来てくれたんだ」
「いや、あの、ちょっと様子を見に来ただけで・・・」
「でも、軍手してるよね、しかもジャージ穿いてるし」
「あ!こ、これは・・・」
「手伝う気満々じゃん!(笑)」

そんなこんなで、私の心は見破られ?引っ越しの片付けを手伝うことに。
古い雑誌をまとめて縛り、わずかな食器を段ボールに詰める。衣類もケース3つ分に収まった。1DKの男一人暮らしって、ホントに荷物が少ない。これなら二人で片付けられそうだけど・・・。

「会社の人や友達に手伝い頼まなかったの?」
「うん。だってタンスやベッドは業者に頼むし、そんなに荷物ないしね。それにヒヨリンが来てくれるだろうと思ってたし」
・・・なによ!やっぱり私をアテにしていたのね?!・・・とはいえ、なんか頼ってくれたことがちょっと嬉しいかもしんない。
「ふ~ん。じゃ、私が来なかったらどうするつもりだったの?」
「え?・・・う~ん、そしたら地道に一人で片付けるしかないなぁ」
「どこかのOLさんが引っ越しの噂聞きつけて、手伝いに来てくれるかもしれないわよ!」
「・・・?それって、ユリさんのこと?」
「さあねッ!」

・・・はぁあああ。私ってつくづく嫌な性格~。彼、きっとこないだの事まだ引きずってるって、思ってるだろうな。
・・・と、彼が片付けの手を止めて言った。
「ヒヨリン、僕、こないだのバスの中でユリさんに"付き合ってる人がいるんです"って言ったんだよ」
・・・え?!ええーーーーッ??!!
「名前は出さなかったけどさ。大切な人がいるんです、って言っちゃったよ」
・・・ま、マジでーーーーッ??!!
「そしたらユリさん、"ショックだけど、水谷さんの選んだ人だからきっと素敵な人なんでしょうね"って言ってくれたよ」
・・・ユリ、結構いいヤツ??!!
「その後、急にビール飲み出しちゃって・・・」
・・・ヤケ酒かいッ!!!

彼が、ユリにそんな事言ってたなんて、知らなかったよー。そっか、みんなの前ではそっけなくしてたけど、ちゃんと私の事思っててくれたんだね?それなのにずっと連絡もせず、悪いことしちゃったな。

食器を片づけていたら、付き合いだした頃に私があげたマグカップが出てきた。
あっ、ちょっとだけ欠けちゃってるけどまだ使ってくれてたんだ・・・。
書棚には二人で見に行った映画のパンフレットが並んでいる。そうそう・・・この映画、ジョニーデップ最高!とか言ってた割には途中で寝ちゃったな。こっちの作品は二人で号泣して瞼パンパンに腫らしたっけ。
あ、ドライブに行った時の写真が出てきた・・・わっ!
ハンバーガー頬張った私?すごい顔してる(笑)
裏に『2007年4月・サービスエリアにて、大食い女』っておい!(怒)

あー。この部屋には二人の思い出がいっぱいだよ~。
・・と、ちょっとセンチメンタルになってたら、もうすぐお昼?
そうだ!片付けの合間に食べようと思って「ピザ風モーニングブレッド」を作ってきたんだ!モーニングブレッドだけど軽めのランチにもピッタリなんだ~。

ピザ風モーニングブレッド

私の相方DELICIAはパンやケーキがフンワリ焼ける「ダッチオーブン」付き!
生地を流し込んだダッチオーブンをグリルにセットして「ケーキ/パン」モードを選択してスイッチオンするだけで美味しいパンやケーキが焼けるんです!

つくりかた

  1. ダッチオーブンにオーブンペーパーを敷き込み、バターを室温に戻します。
  2. 具に入れるグリンピースは湯をかけて解凍し、ハムは1cm角に切ります。赤パプリカとチーズは小さめの角切りにします。
  3. ボウルに室温に戻したバターと塩を入れて泡立て器でクリーム状になるまで練ります。
  4. 卵を溶きほぐし(3)のボウルに少しづつ加えて混ぜ合わせます。
  5. 薄力粉とベーキングパウダーをふるいながら(4)のボウルに加え、さっくりと混ぜ合わせ、さらに牛乳、(2)、粒コーンを加えさっくりと混ぜ合わせます。
  6. ダッチオーブンに(5)の生地を流し入れ、蓋をしてグリルにセット、「ダッチオーブンスイッチ」を押して「ケーキ/パンモード」の「強」を選択し、タイマーを25分に設定してグリルを点火。焼き上がった後はそのままグリルの中で10分休ませます。粗熱が取れたらオーブンシートごと取り出し、シートをはがして切り分けます。

野菜やハムが入ってるから切り口もカラフルで、パーティーやお弁当としても最適!ベーキングパウダーを使うから発酵も手間もいらずにふっくらソフトな食べ心地。忙しい朝にササっと作れて、ボリュームも満点なの!

「どう?忙しい引っ越しの合間に、サッと食べれる物がいいかなと思って作ってみたんだけど・・・」
「お!ナイス!お皿もフォークも片付けちゃったから、手づかみで食べれるってのがイイね!」
「ん!フワフワに仕上がってる!この表面の焼き色もイイ感じ」
「ヒヨリン、ここのところ料理の腕上がったよね。この調子で頑張れよ!」

イヤっほー!彼に褒められちゃった!
なんか、ガランとした部屋で二人こうしていると、新婚夫婦の引っ越しみたいだわ~。
いつかこんな日が来るのかな~・・・小さくてもいいから二人の家を建てたいな。
リビングの真ん中には二人掛けのソファを置いて、大きな窓と小さなドア。

「そして私はレースを編むのょ・・窓べには真っ赤なバラと白いパンジー・・子犬の横にはあなた、あなたがいてほしいィ~・・・ムニャムニャ・・・」
「ひよりん!ひよりんったら!!」
・・・ん?
「やっと起きたか~」
え・・・?あっ!しまった!お昼にお腹いっぱい食べたせいで、妄想してるうちに居眠りしちゃった!
「も~~。全然起きないんだもん。しばらく僕一人で片付けしてたけど、早く片付けないと、夜になっちゃうよ~?!」
窓の外を見ればもう夕方。何?!じゃ、私、午後からずっと居眠りしてたの?
「ごごごごめーん!!!」

ヒャー!手伝いに来たつもりがとんだ邪魔者になっちゃったー!!
でも、眠り込んだ私に毛布掛けて、そっとしておいてくれた彼って、ホント優しいな。
この優しさが、たまに誤解を招くんだけど・・・ま、いっか!!

リンナイのおすすめ新商品&注目情報

リンナイのある暮らし