1. HOME
  2. リンナイのある暮らし
  3. エッセイで贈るお料理レシピ
  4. かぼちゃプリン

エッセイで贈るお料理レシピ 家族のために作るごはん。からだにやさしい、からだにおいしい、お料理作りレシピを紹介します。

LOVELY で 『今日もDelicious!』 act.12 ぷるんと幸せ!ハッピーウエディング!!(*^▽^*)〓

今、純白のウエディングドレス姿の自分に見惚れています!ご機嫌いかがですか?
ヒヨリンこと久留米日和、本日結婚式を迎えました!!!

ああ、思い起こせばここまでの道のりは、長く厳しいものでした。
ライバル・ユリのアプローチに何度もくじけそうになったり、誤解がもとでヤケ食いしたり、彼のお母さんに料理の腕前を試されたり・・・。
でも、でも、今日の日を迎えることができて、ほんんんっとにヨカッタ!
一人静かに控室で感動に浸っていたら、「コンコン」、ノックの音と共に、友也が白いタキシードで部屋に入ってきた。
私の顔を見るなり、
「ヒ・・・・」
・・・な、なに?「ヒ」って。なんで黙ってんの?
「・・・・ヒヨリン・・・・」
・・・な!なによ!?
「・・・すげーキレイじゃん!」
え?ええー?!イヤ~ン!私を見てしばし言葉を失ったってことォ~?(嬉)
「変わるもんだなぁ~」(感心)
・・・オイッ!(怒)

そろそろ行こうか、と手を差し伸べる彼。
「うん」
ドレスの裾を気遣いながら一歩一歩チャペルへ。
入口で待っていたお父さんが「ヒヨリ、きれいだぞ。・・・それにしても、変わるもんだなぁ~」
・・・って、ここでもか!(怒)

パイプオルガンの音に合わせて、バージンロードを歩く。
来賓席には主任、仲川先輩、真奈美ちゃんの顔が。
あ、あそこにはアツシ君、ユリの顔も見える。
ユリとの彼をめぐる戦いも、今となってはいい思い出。でも、ユリより先に結婚できてホント、よかったわー。(ホッ)

牧師様の前に二人並んで指輪交換、誓いの言葉。
厳かにセレモニーは進み、そしてライスシャワー。
「ヒヨリンセンパ~イ!おめでとう~」
「ヒヨリ君!幸せになれよ~」
みんな!ありがとう~!よーし!ブーケトス!行くわよ~!そーれ!
青空高く舞い上がるブーケ。きれいな弧を描き、ゲストのもとへ・・・
振り返ると、笑顔の真奈美ちゃんが手を伸ばし、今やキャッチ!・・・するかと思ったら、髪をふりみだした女が横っ跳びでブーケをキャーッチ!!!!
「ゲットー!」
・・・・えーッ?!
「取ったわー!」ユリがガッシとブーケを掴み取り雄叫びをあげる。
・・・ユリ、ホントにアナタには幸せになってほしい・・・。

そして、披露宴会場に移動し、パーティーがスタート。
お色直しでカクテルドレスに着替え、二人でキャンドルサービス。
親族のテーブルには彼の両親と私の両親。
「ヒヨリさん、ウチの嫁として、これからよろしく頼みます」
「ハイ、こちらこそよろしくお願いします、お父さん」と、隣を見れば、ミッちゃんが早くも感激の涙?!・・・かと思ったら、
「つけまつ毛が・・・い、痛い!」
ミッちゃん、今日、メイク濃いと思ったんだよなー・・・ウチの両親もそれ見て笑いすぎだって!お母さん笑い泣きやめてー!

隣のテーブルでは、仕事仲間が拍手で迎えてくれた。
「花嫁さんと写真撮ろうよ~」
「ヒヨリ君!今日は別人のようだな~」
「ホント、変わるもんだよねー」
・・・ここでもか!失礼だなッ!もう!
まぁ、こういう言いたい放題のところが、この人たちのいいところなんだけどね(笑)

全てのテーブルをまわり、挨拶を終え、次はケーキ入刀だ。
今回、この披露宴のために私は自らウエディングケーキの代わりにプリンを作ってきたんです!!
自分で作ったケーキ(プリンだけど)に自らウエディングナイフを入れる・・・これが私の夢だったのよ!!!
使った卵は20個!牛乳は2リットル以上使ったよ!前日、朝からDELICIAフル稼働で、もう大変だったんだからー!

かぼちゃプリン

このかぼちゃプリンはトロっとなめらかな口あたり。
アツアツの焼きたても美味しいし、コクがあるからしっかり冷やしでも美味しいの!

つくりかた

  1. かぼちゃは皮をむいて種とわたを取り、小さめに切ります。鍋で柔らかくなるまで茹で、熱いうちに裏ごししておきます。
  2. カラメルソースを作ります。鍋に砂糖と水大さじ1を入れて中火にかけます。鍋をゆすりながら砂糖を溶かし、プツプツと泡が出て煙が出始め、カラメル色になったらいったん鍋を火からおろしてぬれ布巾の上に乗せ、水大さじ2を加え(はねるので火傷に注意)鍋を手早くゆすって混ぜます。(このとき、スプーンなどで混ぜないこと!衝撃で結晶ができ、舌触りが悪くなります)
  3. カラメルソースが熱いうちにダッチオーブンに流し入れ、底を冷やして水あめ状に固めます。
  4. ボウルに卵を溶きほぐし、泡立て器で砂糖をよく混ぜあわせ、バニラエッセンス、牛乳を加えてさらによく混ぜ合わせます。
  5. (4)を裏ごしし、かぼちゃに少しづつ加えながら混ぜ合わせます。
  6. (5)の液を再度裏ごしして(3)のダッチオーブンに玉じゃくしで流し入れ、蓋をしてグリルに入れます。「ダッチオーブンスイッチ」を押して「ケーキ/パン」モードの「弱」を選択し、タイマーを20分に設定してグリルを点火します。消火後はそのままグリルの中で20分休ませます。

いくつも焼いてはタライのような大きな器に流し込み、ダッチオーブン10個分の大きなカボチャプリンを完成させました!
カラメルのほろ苦さとかぼちゃの甘みが相まった、大人のスイーツ。かぼちゃの黄色い色も鮮やかに、とっても美味しそうに出来ました!

ステージ上に登場した特製かぼちゃプリン
生クリームで「LOVE」なんてデコレーションしてみたりして(笑)
「では、新婦のお手製のかぼちゃプリンに、入刀です!」
「カメラをお持ちの方は前へどうぞ!」

普通なら2段3段と身の丈以上もある豪華なケーキにナイフを入れるけど、わたしたちの目の前にあるのは素朴なかぼちゃプリン。
画づら的には地味だけど、いいのいいの、私と彼と、DELICIAの愛の共同作業なのだ!

プリンにナイフを入れながら「今日のプリンも美味そうだなぁ~」と彼。
「えへへ。毎日美味しいもの作ってあげるからね!」

シャッターの音と祝福の拍手、おめでとうの声。
彼に「はい、あ~ん」。
スプーンで一口食べさせてあげた。
「やっぱり美味いよ!ヒヨリン、サイコー」
そりゃそうよ、この日のためにDELICIAと一緒にお料理頑張ってきたんだもん!
は~い!みんなープリン切り分けてあげるからねー!
ラブリーでデリシャスな、とっておきの美味しさ味わってねー!

お料理上手な奥さんがいる家には、旦那さんは絶対寄り道せずに帰ってくるって誰かが言ってたけど、それ、本当だと思う。
だって、美味しいご飯は幸せそのもの
今日の良き日を新たなスタートとして、一層料理の腕を磨かなくっちゃね!
日和、まだまだ頑張りまーす!

リンナイのおすすめ新商品&注目情報

リンナイのある暮らし