1. HOME
  2. リンナイのある暮らし
  3. エッセイで贈るお料理レシピ
  4. 鶏のレモン塩だれ丼

鶏のレモン塩だれ丼:エッセイで贈るお料理レシピ 家族のためのあったかごはん。カラダにやさしい、カラダにおいしいエッセイで贈るお料理レシピを紹介します。

【かんみの徳得料理日記 Vol.308】鶏のレモン塩だれ丼

淡白な鶏胸肉ですが、しっかり味のレモン塩だれでごはんがすすみます!
鶏胸肉の代わりに豚こま切れ肉でも美味しいですよ。
我が家で人気の丼です。

我が家の長女・みーちゃん(5歳)のおはなし。
みーちゃんがいつも保育園に迎えに行くと必ずすること。
それは
「おばあちゃんの家に行く」
ことです。
おばあちゃんの家は我が家から保育園への道中にあります。
おばあちゃんといっても、本当のおばあちゃんではないんです。
ざっくり言いますと、義理のひいおばあちゃんかな。
でもたぶんみーちゃんは自分の本当のおばあちゃんだと思い込んでます(笑)
私のお母さんが本当のおばあちゃんになるわけですが、
我が家の長男(21歳)が小さなころから「おかあちゃん」と呼んでるので
本当のおばあちゃんがおかあちゃんだとは知らないようです(笑)
何度か説明したけど、5歳児には難しいようで(笑)

で、そのおばあちゃんもまたみーちゃんのことを本当のひ孫のように可愛がってくれます。
来ない日が続くと電話くれます。

「どうしたん?風邪でもひいたの?」

それぐらい毎日みーちゃんが来るのを楽しみにしてくれています。
いつもみーちゃんのことを気にかけてくれて本当に感謝でいっぱい。
もう高齢なので、毎日みーちゃんが立ち寄って過ごすのはたぶんしんどい時もあると思います。
だけどおばあちゃんは愚痴ひとつ言わず、

「またおいでね」

と毎日言ってくれます。
みーちゃんには大きくなってもおばあちゃんの家に足を運んでほしいなぁと思ってます。
今はおばあちゃんがみーちゃんの世話をしてくれてるけど、
その分私もみーちゃんもお世話させてもらう時がくるだろうから、
その時はどーんと任せてね。
いつもそばで誰かが待ってくれてるって、
ほんと素敵なことですね!

by かんみ

材料 4人分 366円 (1人あたり92円)

鶏のレモン塩だれ丼

鶏胸肉 2枚
青ネギ 4~5本
4個
 
(調味料)
 
A水 150g
A鶏がらスープの素 大さじ1と1/2
Aレモン汁 大さじ1
Aにんにくチューブ 3㎝ほど
A塩 小さじ1弱
 
ごま油 大さじ1
片栗粉 大さじ1
大さじ1
 

作り方

鶏のレモン塩だれ丼

  1. Aを混ぜ合わせておく。鶏胸肉は一口大のそぎ切りにして、酒と片栗粉をまぶしておく。青ネギは炒め用と仕上げにのせるように斜め小口切りにする。卵は温泉卵にしておく。
  2. フライパンにごま油を熱し、1. の鶏胸肉を広げ並べて両面焼く。
  3. 2. に混ぜ合わせたAを加えさっと炒め煮したら、青ネギ(仕上げ用以外の分量)を加え混ぜ合わせたら火を止める。
  4. 器にごはんを盛り付け、3.をのせ、温泉卵と仕上げ用のネギ小口切りをのせ、最後に粗びきコショウをふって完成。

リンナイのおすすめ新商品&注目情報

リンナイのある暮らし