2015 7 「キャンプ」 ほのぼの LIFE LETTER

炎で作って食べるおいしさ。 1年で一番太陽が似合う季節、“夏”の到来です。
夏と言えば海、山、川、そしてキャンプ!
皆さんは、キャンプでどんなことを楽しみますか?
川遊び、釣り、ハイキング、キャンプファイヤー!?
人それぞれ、いろいろな楽しみ方がありますよね。
でも、キャンプにはやっぱりバーベキュー。
最近は焚火台やコンロ、鍋など、おしゃれで使いやすいものがたくさんあり、
アウトドアで作れる料理の種類もとても多くなっています。
中でも大人気なのが、煮る・焼く・蒸す・炒める・揚げるなど
オールマイティーに使える『ダッチオーブン』。
アメリカ開拓時代から使われている、この分厚い鋳鉄製のフタ付鍋、
焚火の上に直接置いたり、フタの上に炭を乗せて上下から加熱したりと、
オーブン代わりにも使えるのが特徴です。
鶏肉や豚肉のロースト、煮込み料理、パンなどがアウトドアでも手軽に作れちゃうんですよ。
炎をゆったりと眺めながら豪快に作って、開放的な自然の中で食べるごはんのおいしさに、
きっと皆さんハマっていくんでしょうね。
さて、そんな便利なダッチオーブンを、家でも手軽に使えたらいいなと思いませんか。
そこでご紹介したいのが、『ココットダッチオーブン』です。
調理をする場所は、ガスコンロの両面焼グリル
キャンプの時と同じように上下から熱して
食材の芯までじっくり火を通すので、
塊肉やビーフシチューなども柔らかく早く仕上げられますよ。
また蒸し料理では、食材の水分を利用した調理方法で
食材本来の旨みを味わえます。
特に野菜などは甘みが増すだけでなく、
栄養素もギュっととじ込められて、
野菜そのものをおいしく食べられます。
調理手順も、素材と調味料をココットダッチオーブンに
入れて、スイッチを押すだけと簡単。
余熱を利用して調理すれば省エネにも役立ちます。
イイことづくしのココットダッチオーブンですが、
まだありますよ。それは、お手入れです!
蓋つきだからグリル庫内はほとんど汚れることはなく、
基本、洗うのはココットダッチオーブン1つだけです。
料理を手軽に作れて、おいしく食べられて、しかもお手入れもラクラク!
ココットダッチオーブンがあれば、お家でもキャンプ料理が手軽に楽しめますよ。

バックナンバー
  • 6月「梅雨」
  • 7月「キャンプ」
  • 8月「お盆」
  • 9月「お月見」
  • 10月「紅葉狩り」
  • 11月「ふろ日和」
  • 12月「師走」
  • 1月「お正月」
  • 2月「立春」
  • 3月「新生活」
  • 4月「お花見」
  • 5月「GW」