最新冷媒R32をECO ONEが採用

最新冷媒R32とは

R32とは、オゾン層破壊係数がゼロで、さらに地球温暖化係数が極めて低い、
新しい冷媒のことで、次世代冷媒として注目を集め、世界標準化が進められています。
ECO ONEは、今後グローバル・スタンダードとなっていくR32を、いち早く採用。
地球温暖化を防止し、環境保全に貢献します。

地球温暖化係数(GWP)と他冷媒との性能比較(ルームエアコンの場合)

世界で初めてR32を用いてエアコンを開発したダイキン工業株式会社に聞く

昔の空調機には、オゾン層を破壊する冷媒が使われていましたが、モントリオール議定書でその生産が禁止されました。その後、オゾン層を破壊しないHFC冷媒に切替えが進む中、今度はHFC冷媒は地球温暖化に悪影響を及ぼすことがわかりました。そこで当社が着目したのが、空調機に最も多く使われているR410A冷媒に含まれているR32です。

R32は、環境性の良さと高い省エネ性、この二つを兼ね備えています。冷凍能力が高く、R410Aと比べて地球温暖化係数(GWP)が1/3と低いことが特長です。更にエネルギー効率が良いため、機器に充填する冷媒量はR410Aの時より10~30%少ない量で同じ能力を発揮でき、実際には空調機一台当たりの冷媒による地球温暖化係数は今までの機器の1/4となります。

また、R410Aより効率よく運転できるため、圧縮機を動かす消費電力が少なくて済み、高い省エネ性も期待できる他、他の自然冷媒に比べて安全性が高く、扱いやすいという特性もあります。

近い将来、新興国で空調普及率が増加することに伴う地球温暖化の急拡大が懸念されています。温暖化影響の低い冷媒への切替えが一刻も早く求められている中、現在採用できる最善の冷媒としてR32を選択しました。
当社では2012年秋に初めてR32冷媒採用ルームエアコンの発売をスタートしましたが、来年度モデルではほぼ全てのメーカーがR32採用製品をラインアップする見通しです。

ハイブリッド給湯・暖房システムECO ONE ラインアップ

  • 戸建・温水式暖房向け(新築用)

    ダブルハイブリッド

    100Lタイプはこちら

  • 戸建・温水式暖房向け(新築・取替用)

    シングルハイブリッド

    100Lタイプはこちら

    50Lタイプはこちら

  • 戸建向け(新築・取替用)

    シングルハイブリッド(ふろ給湯)

    100Lタイプはこちら

    50Lタイプはこちら