ECO ONEを導入する最大のメリットは、優れた経済性といえます。
少ないエネルギーでお湯をつくることができるので、給湯の年間ランニングコストは従来比の半分以下。
暖房もハイブリッド運転するダブルハイブリッドタイプは、お財布に無理なく家じゅうまるごと快適な暮らしをかなえます。

ECO ONEなら従来の給湯光熱費で床暖房のある暮らしを実現

給 湯電気とガスのハイブリッドで給湯光熱費を約56%削減

電気とガスのエネルギーをハイブリッドすることで高い省エネ性を実現したECO ONEは、従来のガス給湯器と比べて給湯コストを約6万円以上削減。
石油給湯器や電気温水器と比べても給湯コストを削減することができます。

  • ※年間給湯負荷4.03Gcal
    LPガス料金:従来ガスふろ給湯器、ハイブリッド給湯暖房システムECO ONEともに通期:450円/m3
    電気料金25.6円/kWh(基本料金を除く平均単価) 2014年5月現在 リンナイ株式会社調べ

年間給湯ランニングコスト比較※

床暖房暖房のハイブリッド化と床暖房システムの高効率化でランニングコストを大幅削減

ECO ONEダブルハイブリッドタイプは、給湯だけではなく床暖房もハイブリッド運転します。
さらにリンナイ独自の床ほっとEハイブリッドとの組み合わせにより床暖房のランニングコストも3万円以上削減することができました。

  • ※試算条件:部屋面積18畳 1日8時間 立上げ2回 120日使用 LPガス料金450円/m3
    電気料金25.6円/kWh(基本料金を除く平均単価) 2014年5月現在 リンナイ株式会社調べ
    床暖房:給湯暖房機は温水温度60℃従来型温水マット、ダブルハイブリッドは温水温度40℃床ほっとEハイブリッド

年間暖房ランニングコスト比較※