• ECO ONEの特長
  • ラインアップ
  • 設置までの流れ
  • 省エネ大賞受賞
  • オーナーズボイス
  • ランニングコストシミュレーション
  • オール電化比較
  • ガス温水式暖房
省エネ大賞受賞
世界初※1電気×ガス Hybrid 給湯器 省エネ・環境性No.1 ※2
  • ※1 2012年4月23日発売ヒートポンプと高効率給湯器を組み合わせた家庭用給湯・暖房システムの場合
  • ※2 シングルハイブリッドシリーズ100Lタイプ(タンクユニットにRTU-R1000を採用するシステム)住宅・住戸の省エネルギー性能の判定プログラム(独立行政法人建築研究所<協力 国土交通省国土技術政策総合研究>)に基づく給湯一次エネルギー消費量の算定結果。2013年2月に算定。

省エネ大賞とは・・・

省エネにおける優れた企業活動や技術・製品を表彰し、省エネルギー意識の浸透や省エネルギー型の社会づくりなどに貢献することを目的とした賞。経済産業省後援のもと、一般財団法人 省エネルギーセンターが主催しています。
1990年に設立され、以降は年に1回、「企業や工場などの省エネ活動事例」や「技術開発による先進型省エネ製品」「省エネ効果の高いビジネスモデル」に対して、省エネルギー性だけでなく、先進性や開発プロセスなどの観点からも評価を行い、その内容は、審査過程における発表大会で広く公開されます。

受賞のポイント

  1. 高効率のヒートポンプとガス潜熱回収型給湯器(エコジョーズ)を組み合わせ、省エネ性と快適性を両立
  2. ガスのサポートによりヒートポンプは実際に使用するお湯に近い温度(例えば45℃)で沸き上げるため効率が高く、余分なエネルギー消費を削減
  3. 学習制御により、給湯利用の直前に必要最小限のお湯を沸かすため、貯湯によるエネルギーロスを削減
  4. 電力使用ピーク時にはガスだけの運転も可能で、節電に有効
  5. 国内給湯器で最も給湯一次エネルギー消費量が少ない一次エネルギー効率125%を達成

給湯省エネ性NO.1 ※2

エコワンは、給湯一次エネルギー消費量が最も少ない給湯器です。省エネ基準と比べて給湯一次エネルギー消費量を大幅に削減します。

給湯一次エネルギー消費比較(MJ)/年間

給湯一次エネルギー消費量 40%削減

住宅住戸の省エネルギー性能判定プログラム(独立行政法人建築研究所(協力:国土交通省国土技術政策総合研究所))より
・住居:6地域、床面積120m2・給湯:【熱源機】エコワン:ヒートポンプガス瞬間式併用型給湯器(ハイブリッド2)

床暖房を使っても低炭素認定基準クリア

給湯時のエネルギー消費量を大幅に削減することで、床暖房を併用しても、住宅全体のエネルギー消費量を最小限に抑えることができます。

住宅一次エネルギー消費比較(MJ)/年間

省エネ基準値より 10%削減

住宅住戸の省エネルギー性能判定プログラム
独立行政法人建築研究所(協力:国土交通省国土技術政策総合研究所)より
・住居:6地域、床面積120m2・外皮:外皮熱損失量279.8W/K、日射熱取得量 冷房期6.49(W/(W/m2))、暖房期12.37(W/(W/m2))・暖房:【主たる居室】温水式床暖房(敷設率70%、上面放熱率80%以上90%未満)【その他の居室】設置しない【熱源機】ガス潜熱回収型熱源機、断熱配管:採用する・給湯:【熱源機】エコワン:ヒートポンプガス瞬間式併用型給湯器(ハイブリッド2)【配管】先分岐方式【水栓】2バルブ水栓【浴槽】高断熱浴槽を採用しない・冷房:ルームエアコン(特に省エネ対策していない)・換気:壁付け式第三種換気設備(比消費電力0.2W/(m3/h))、換気回数0.5回/h・照明:設置しない