災害に強い家づくりには、
家の耐震性

年々災害に対する意識は高まっており、
家づくりにおいても耐震等級や地震に強い構造・工法に
これまで以上に目が向けられています。
では、災害後のことはいかがでしょうか?

災害後の
生活の立て直しも重要

耐震性の高い家だとしても、
ガスや電気などライフラインの停止に対する備えがなければ、
生活の立て直しは復旧を待つしかありません。
また、地震や台風など災害によって
ガス、電気、被害の発生状況は異なります。
ガスが止まったら、電気が止まったら。
災害後のことまで考えて家づくりをすることが重要です。

電気とガスの復旧速度の比較

災害名 被災地域 電気 ガス
2018年
台風24号
中部 5日間で復旧 被害なし
2018年
北海道胆振東部地震
(最大震度7)
北海道 北海道全域で停電 被害なし
2018年
台風21号
関西 3週間で完全復旧 被害なし
2018年
西日本豪雨
中国 8万戸停電、1週間で復旧 1000戸停止、5日で復旧
2018年
大阪北部地震
(最大震度6弱)
関西 その日のうちに復旧 1週間で復旧
2016年
熊本地震
(最大震度7)
九州 5日間で復旧 2週間で復旧
2011年
東日本大震災
(最大震度7)
東北・関東 3ヶ月で復旧(福島原発除く) LP1ヶ月・都市ガス1ヶ月半

※災害直後の新聞記事・内閣府調査より、リンナイまとめ

災害に強い給湯器で、暮らしを守る・支える
リンナイのエコワン

リンナイが出した答えは、
災害は起こってしまう。であれば、
ガスと電気の両方を家に用意することで、リスクを分散させ、
生活の立て直しの期間を少しでも早くするということ。

電気(ヒートポンプ)

高効率&省エネ
空気熱を利用し、
使用する電気エネルギー効率を
高めます。

ガス(エコジョーズ)

パワフル&スピーディ
瞬発力があるため、
お湯をたくさん使う時や、
温水暖房時に力を発揮。

災害時に
エコワンができること

  • 停電の場合
  • 断水の場合
  • ガスが止まった場合
  • 電気とガス両方
    止まった場合
  • 停電の場合

    車か太陽光発電があれば、
    ガスを使ってお湯を沸かすことが可能
    停電時でもガスが供給されている場合は、
    車のシガーソケットもしくは太陽光発電の自立運転機能を使って
    ガスでお湯を供給が可能です。
    (100V電源必要)

    ※イラストはイメージです。別途、停電対応ユニットが必要になります。

  • 断水の場合

    タンクのお湯(水)を
    生活用水として利用可能
    災害時に困るのがトイレで流す水。
    1回あたりおよそ6L程度必要となります。
    エコワンであれば最大160Lのタンクがあるので、
    25回程度は使える計算になります。
  • 断水の場合

    電気だけでも
    お湯の供給が可能に
    ガスが止まった場合でも、電気でまかなえる範囲でお湯が使えます。
  • 電気とガス両方止まった場合

    蓄電池があれば、
    電気を使ってお湯を沸かすことが可能
    電気もガスも供給停止した場合は、
    蓄電池からの限られた供給電力を用いて給湯運転ができます。
    エコワンはヒートポンプの抑制沸き上げ制御を搭載しているため、
    冷蔵庫、テレビ、照明などの重要負荷電源への電力供給を優先する中で、
    お客様の任意によりタンクに湯を沸き上げることが可能です。

    ※オプション品の停電検知ユニットが必要になります。

災害後も使えるよう
最高クラスの耐震性で安心

独自の耐震設計で、水平震度2G(満水質量の2倍の荷重)に耐える、
最高クラスの耐震性を確保しています。

※一般財団法人日本建築センター「建築設備耐震設計・施工指針」における「局部震度法による建築設備機器の設計用標準震度」に基づいて設計。地上階設置の場合は設計用水平震度KH=1.0(満水質量の1倍の荷重)に耐えること。2階以上設置の場合は設計用水平震度KH=2.0(満水質量の2倍の荷重)に耐えること。試験条件:満水の機器を所定の方法にて固定し、タンクの重心位置に対して弱軸方向へ連続的に荷重を加え、機器が設計用水平震度に耐えることを確認

災害時だけじゃない
普段も心強いエコワン

高い省エネ性能で
給湯コストを年間約6.8万円削減

よりいっそう効率化が進んだエコワンは、
従来のガス給湯器と比べて給湯コストを年間約6.8万円削減。

年間給湯ランニングコストの比較

従来のガス給湯器より給湯光熱費を60%削減!

年間約6.8万円お得!

  • 10万円
  • 5万円
  • 従来型
    ガス給湯器

    112,900円
  • エコワン
    160L通常モード

    44,600円

※年間給湯+おいだき負荷18.3GJ
LPガス料金:従来ガス給湯器、エコワン(160Lタイプ)ともに通期450円╱m3
電気料金:27円/kWh(家電公取協調べ)
建築物のエネルギー消費性能に関する技術情報
国立研究開発法人建築研究所(協力:国土交通省国土技術政策総合研究所)
「エネルギー消費性能計算プログラム(住宅版)Ver.3.0.0」(6地域)に基づき試算 [2021年4月現在]

省エネな上、
お湯切れの心配もいらない

ガスと電気をかしこく使い分け
必要なお湯の量に合わせて最適に運転を行います。
電気で沸かしたお湯が少なくなれば、
ガスでスピーディーに沸き上げサポートするので、
大家族でもお湯切れの心配はありません。

朝、お湯を使い始める前に
エコワンは給湯の準備を始めます。
朝に必要な分だけ無駄なく沸き上げます。

お湯を多く使う時間帯はタンクにためたお湯と
ガス給湯器のサポートで効率良く出湯!
もちろんお湯切れの心配もありません。

1日の使い終わりには
タンクのお湯を使いきり、
無駄にお湯を作りすぎません。

  • 早朝

    ガス

    お湯

  • 夕方〜夜

    ガス

    お湯

  • 就寝前

    ガス

    お湯

ヒートポンプユニット
タンクユニット

給湯

給水

ずっと暮らしを支える
リンナイのエコワン