G;

G:101

これまでの価値観を超える。

それは、空間を飾る、贅沢な工藝品。金属とガラス、光と陰。織りなすコントラストがキッチンに重厚さと上質さを漂わせる。「現代のキッチンスタイルは“使う”時間よりも“観る”時間が長い」という気付きから生まれた、「G: LINE」。G: 101は、まさにG: の世界観を体現したプロダクトである。「神は細部に宿る」という美学を彷彿とさせるかのような、力強くも繊細、シンプルにして深淵な佇まい。空間に調和と安定をもたらすという建築的な視点に立ち、ごく細部にまで、全方位にわたって貫かれた「静のデザイン」。そこに存在することで、空間はもちろん暮らしそのものさえも上質に、魅せる。デザイン性においても、機能性においても、これまでのコンロに対する価値観を超越し、キッチンという空間への常識に挑んだ。

「黒」が物語る、「静」の佇まい。

Black

何ものにも染まらない無の色にして、すべての色の結集でもある。「黒」というカラーは、G: の世界を雄弁に物語るアイデンティティーとなり得る。高級感と重厚感を演出する黒。空間になじみやすく落ち着きをもたらす黒。ガスの青火を美しく魅せる黒。G: 101の五徳に込められた「黒」は、日々の調理に耐え得る、つやめく深い漆黒へと高められている。

Design

空間としての品格だけでなく、暮らしの質をも高める。観るだけでなく、触れるたび喜びを与える。そのような存在意義こそ、G: LINEが追求してやまないプロダクトのデザイン哲学である。観る者を魅了する、「静のデザイン」息づく佇まい。フラットなタッチパネルとシンプルなUIデザイン。それは、洗練されているばかりでなく、使いやすさも兼ね備えている。

自由がもたらす、調和と感度。

コンロの数や大小のサイズ、種類などを自由に選べるというフレキシビリティーもまた、G: 101の魅力といえる。例えば、スペース全面に複数の五徳を整然と配し、調理の利便性にこだわった組み合わせ。コンロとコンロの間にあえて空間を作ることで、調理スペースを贅沢にとり優雅で洗練された佇まいを生み出すレイアウト。IHタイプとガス口タイプのコンロを、互いに共存させることもできる。その可能性は、実に限りない。自らが心地よいと感じられるカスタマイズを様々に楽しみながら、より調和のとれた、感度の高い空間へとキッチンを昇華させること。きっとそこから、暮らしにこれまでにない新たな付加価値を見出すことができる。