G;

G:201

「静」に秘められた、熱量。

「G: LINE」。それは、現代を生きる人々の、洗練されたライフスタイルや感性に呼応するハイエンドなキッチンシリーズ。「God is in the details.(神は細部に宿る)」の哲学はプロダクトの細かなディテールにまでも息づき、研ぎ澄まされた意匠と、使い心地を追求した機能性とを兼ね備える。G: 201は、圧倒的な熱量の過熱式水蒸気により、高い調理性を有するオーブン。静かなる佇まいのなかに、革新的な力量を内包している。フロントに配した力強いシルバーは、「G: LINE」のつやめく深い漆黒を引き立て、空間に新たな表情をもたらす。

力強い熱で、凌駕する。

G: 201を語るうえで重要な機能のひとつが、過熱水蒸気によるオーブン調理。過熱水蒸気とは、水の沸点である100℃を超える温度まで加熱された水蒸気。気体は、水へと変化する際そこに存在する対象に熱を与えることができる。その性質を活かし、一般的な熱風を利用した電気オーブンに比べ、約8倍※という非常に高い熱量で食材を加熱する。また、十分な水蒸気に満ちた庫内では、酸素が少ない状態での低酸素調理が行われるため、食材本来の旨みや甘みを引き出しながら均等に熱を通し、素早く仕上げることができる。これが、一見静かなる佇まいの内側に、力強いパフォーマンスを秘めていると語る所以である。

※オーブン230℃調理時の1m³あたりの熱量と比較した場合。過熱水蒸気:[比熱(液体)×温度差(20℃→100℃)+蒸発熱+比熱(気体)×温度差(100℃→230℃)]×密度=298kcal/m³。オーブン加熱:比熱(気体)×温度差(20℃→230℃)×密度=35kcal/m³

暮らしのスタイルに寄り添う
マルチな機能。

多忙な日々、こだわりの調理、集いの場にも。G: 201は、現代の多様なライフスタイルにしなやかに寄り添うマルチ機能オーブンである。熱風による電気タイプの調理と、過熱水蒸気による調理、両者を併せ持つオーブン。多様なあたためメニューを持ち、好みに合わせパーソナルな操作が可能な電子レンジ。一般的な蒸し料理はもちろん本格派の味わいまで、調理の幅を広げるスチーム。ハイエンドな空間を構築するデザイン性と多機能性で、暮らしに豊かな食のひとときをもたらす。