家事をラクに、暮らしにゆとりを。
ユーザー体験から見る、リンナイのある暮らし。

ひと工夫で家族も喜ぶ、
忙しい夫婦のキッチンと暮らし

リンナイHot.Lab × 日経BP共同イベント|
共働き夫婦のためのラク家事講座

料理家で、夫婦で魚の卸売業を営む栗原友さん。
一児の母、そして妻で経営者と一人で何役もこなしています。
忙しいなかで、家事も子育てもどうやってこなしているのか。
子育て中の共働き夫婦が、家庭と仕事を両立するためのヒントを栗原さんに聞きました。

家事は基本ワンオペ!?
それでも手軽で美味しい食事を

「基本的に家事はワンオペです。私の話には、夫はあまり登場しません」と笑う栗原さん。夫婦で魚の卸売業を営む栗原さんと旦那さんとは、比較的すれ違いが多いとか。
「平日の起床時間は、朝の5~6時半の間。目覚ましなしで目が覚めます。起床後はまず、洗濯機を回しながら朝ご飯の支度。次に子供を起こし、着替えを手伝い、一緒に食事をします。最後に子供を保育園まで送り届けて、仕事に入ります」。

仕事の内容は日によってさまざま。打ち合わせをしたり、料理の撮影をしたり、出張に出かけたり、帳簿を付けたり。そして夕方5~6時には、子供をお迎えに行きます。帰りにスーパーで食材を買い足し、子供と一緒に夜ご飯を作ります。旦那さんは市場に向かうので、とても変則的。夜10時に出勤して、夕方4時には眠る生活。「なので、生活時間がずれているんです。家で友達と飲んでいるときに、お弁当を渡して『いってらっしゃい』と言うくらい(笑)。もちろん休日は一緒に過ごしてます」。

新しいデリシアで作った焼き芋を味見する栗原さん
簡単で、インスタ映えもする「アクアパッツァ」の調理中、栗原さんと来場者が、子育てや普段の家事の悩みを共有しました

栗原さんのある日の1日

  1. 起床後、洗濯機を
    回しながら朝ご飯の支度
  2. 子供を起こし、
    着替えを手伝い、一緒に食事
  3. 子供を保育園まで送り届ける
  4. 仕事に入る
  1. 料理の撮影をしたり
    出張に出かけたり
  2. 子供を迎えに、
    帰りにスーパーで食材を買い足し
  3. 子供と一緒に夜ご飯を作る
  4. 旦那さんは市場に向かう

ザ・ココットを使った
パーティーレシピを
ご紹介します

デリシアで、おまかせOKのラクラク調理を

デザイン性にもこだわった、デリシアの新モデル。料理が苦手な方でもお手伝いしやすいように、使い方も簡単に。

約300レシピが登録されたお料理アプリ「デリシアプリ」も用意。アプリの中から好きなレシピを選んで送信するだけで、デリシアが自動的に火加減や時間を調節してくれます。そのため、おまかせで簡単にお料理が完成します。

300以上の
レシピを掲載

焼き芋だって、ケーキだって簡単に

例えば、焼き芋。全周加熱でじっくり中まで火を通せるから、芋の甘みが引き立つおやつがボタンひとつで作れます。アプリのメニューなら、火加減を完全自動で調整してくれるからケーキを作る時も火加減はおまかせで大丈夫。

料理家 栗原 友さん
ファッション誌のフリーエディター、アパレル会社のPRを経て2005年より料理家として活動開始。旅で出会った世界の料理を簡単にアレンジし、料理教室や誌面などで紹介している。現在は料理家としての活動の傍ら、夫と共に水産会社を経営。国内外に鮮魚の卸売りを行う