1. HOME
  2. バス
  3. マイクロバブルバスユニット
  4. 特長

マイクロバブルバスユニット 特長

驚きと感動を与えるRinnai独自の発想と技術

私たちは100年の間、熱エネルギーの研究に努めてきました。効率的なエネルギー活用の技術を研鑽し、その科学知識をどのように暮らしに応用すべきか知恵を絞り続けてきたのです。今日までのRinnaiの成長は人々の生活と共にあります。この給湯システムは、技術の粋と独自の発想をかけ合わせた開発によってひときわ優れた温浴効果や洗浄効果を得ることに成功しました。入浴という慣れ親しんだ習慣に驚きと感動を与え、あなたの暮らしをより上質なものに導きます。

これまでにない新しい入浴体験とRinnaiが目指すデザイン

あなたの毎日の入浴が素晴らしい体験に変わります。Rinnaiの開発した独自の加圧タンクと泡発生ノズルはこれまで家庭では得られなかった入浴体験を可能にしました。すべては、私たちの熱い想いと多角的な研究がもたらした確かな技術によるものです。
私たちは長年愛用いただけるロングライフデザインを目指しています。暮らしの必需品のデザインは、流行り廃りに左右されずにあらゆる環境に耐えられる 「逞しさ」 と、どのような生活にも馴染む「素朴さ」をあわせもつ必要があると考えます。私たちの想いとそれを実現する技術を内包した「簡素で力強い佇まい」こそRinnaiのデザインであり、在るべき姿です。

確かな技術から、ウェルビーイングの向上へ

私たちの考える豊かな暮らしとは

この製品は、今までの入浴を驚きの体験(=ポジティブな体験)に変え、ウェルビーイングの向上を導く製品です。Rinnaiが掲げる「Creating a healthier way of living」にも通じる、豊かな暮らしを支える製品を生み出せるのは、製品開発に関わる全ての人が、品質の高さと、技術力にこだわってきたから。旧製品からさらに機能性を追求し、マイクロバブル数やウルトラファインバブル数の増加により、効果効能をより実感していただける製品を生み出すことに成功しました。

マイクロバブルとは

気泡はその直径によってミリバブルと、マイクロバブル、ウルトラファインバブルに分類されます。普段目にする気泡のほとんどはミリバブルと呼ばれ、水面に速やかに浮上して消滅します。マイクロバブルは、直径約1~100μmの微細な気泡のことです。浮力が小さく、白濁しながら雲のように広がり緩やかに上昇します。時間の経過と共に、水面まで浮上したり、水中で収縮してより細かい泡になります。ウルトラファインバブルは、それらよりさらに細かく直径約1μm以下の肉眼では確認できない気泡のことを指します。

マイクロバブル入浴で得られる効果効能

マイクロバブルを生み出す仕組み

浴槽から吸い上げられたお湯はポンプで加圧され、タンク内に取り込まれます。タンク内に取り込んだ加圧湯は旋回流を発生させ、空気と接触することで、お湯に空気が溶け込んでいきます。お風呂の循環金具から噴出する際に、圧力が一気に下がることで、溶けた空気が微細な気泡に変わりお湯が白濁します。

1. 包み込む泡で温まりが持続

包み込む泡によってお湯の熱が身体に穏やかに伝わり、湯上がり後も身体がぽかぽかした感じが持続します。

<実験条件>
2019年度日本福祉大学と東邦ガス株式会社の共同研究
被験者 : 健康な30代女性7名
浴室環境 : 気温29度/湿度97%
入浴方法 : 湯温40度で10分間の全身浴

2. 微小な泡で皮膚表面のよごれをやさしく落とす

マイクロバブルの微小な泡が皮膚表面に付着したチリやホコリ混じりの汚れをやさしく落とします。 その特徴から、高い品質が求められる半導体の洗浄にも使われています。

<実験条件>
2019年度リンナイ株式会社試験データ
模擬汚れ(牛脂とカーボンブラック10%の混合物)を腹部に塗布し、色彩色差計にて入浴前後に明度を測定。入浴前後の明度値から除去率を算出。
被験者:健康成人男性6名
入浴方法:温度38℃10分間の全身浴 *:有意確率5%未満で統計的有意差あり

マイクロバブル入浴について

マイクロバブルによって実現した新しい入浴の選択肢

疲労回復のツールとして入浴ほど優れたものはありません。というのも良質な入浴は、「体の修復」や「リラックス効果」を司る副交感神経のスイッチを入れる役割を果たしているからです。マイクロバブルバスユニットでは、現代医学で明らかになっている健康への効果のなかでも特に、温熱効果や洗浄効果、リラックス効果が見込めます。重い疲れが取れやすくなり、冷え性の改善も期待できます。実際に体験された方からは「さら湯よりも上質で高級な印象を受ける」といった声や「温泉に入っているようで入浴自体が楽しい」という声が挙がっています。さらに特長的なのはお湯の白さです。マイクロバブルが大量に発生していることはその白さからも見て取れます。私は長年、療養に効く温泉を研究してきましたが、白濁のお湯はとても人気が高いです。その点、マイクロバブルバスユニットなら入浴剤を使わずに水と空気だけで白いお湯を体験できますから、自宅のお風呂の新しい選択肢になりそうです。現在、マイクロバブルの研究開発は、環境、農業、食品、水産、医療など多岐にわたります。今後、急速に活用が進む領域ですから、マイクロバブルバスユニットもその一端として大いに注目しています。

東京都市大学教授/博士(医学) 早坂 信哉

多くのお客様へ良質な入浴を届けるためラインアップを拡充

マイクロバブルバスユニット

既設の給湯器とお風呂の間にマイクロバブルバスユニットを設置し、循環金具、リモコンを取り替えるだけで設置が可能なので、後からでも簡単に設置が可能です。

マイクロバブルバスユニット内蔵型ふろ給湯器

本体サイズは、一般的な高効率ふろ給湯器と比べ高さと横幅はそのままに、奥行きのみ3cm大きくすることで内蔵を実現。小スペースに設置することが可能です。
(24号ふろ給湯器タイプのみ)

デジタルカタログを見る

リンナイ商品のデジタルカタログをご覧いただけます。

デジタルカタログを見る

商品ラインアップ
上へ商品インデックスへ戻る