家事をラクに、暮らしにゆとりを。
ユーザー体験から見る、リンナイのある暮らし。

推します!
リンナイ乾太くん ❹

5つの家族に聞く
「我が家がリンナイ乾太くんを
導入した理由」

家を建てる際やリフォームする際、日々の「洗濯」のことを考えた家づくりをしていますか?
洗う→干す→たたむ→しまうという、これまでの洗濯にかかる一連の作業時間をギュッと圧縮。
地味に時間がかかっていた洗濯の作業効率を、大幅に改善できる、
専用のランドリールームを作るご家庭が増えています。
そんなラク家事に欠かせないアイテムが、リンナイのガス衣類乾燥機「乾太くん」なのです。
誰もが「買ってよかった!」と太鼓判を押す乾太くん。
ランドリールームに乾太くんを設置して、ラクで楽しい洗濯生活を。
SNSを通じてそうしたライフスタイルを紹介している5つの家族の事例をもとに見ていきます。

Oさんの場合

「電気式洗濯乾燥機にはもう戻れません」

電気式洗濯乾燥機のストレスから解放された、と語るのは共働き家族のOさん。従来使用していたドラム式の洗濯乾燥機と比べると、仕上がりの面でも時短の面でも格段に乾太くんが優れているとのこと。これまでは、乾燥のことを考えると、朝の時間しか洗濯できなかったのが、夕方家に帰ってからでもその日のうちに洗濯ができるようになり、洗濯時間が自由になったのがなによりも嬉しいそうです。

Q. 乾太くんを購入した理由は?
「電気の限界を感じて・・・」
共働きのため、いつでも洗濯できる環境を作りたかったからです。これまではドラム式洗濯乾燥機を使用していましたが、時間もかかるし仕上がりもイマイチ…電気の力に限界を感じました。
Oさんのランドリールーム。乾太くんを中心に、まずは置き場を決めてそこから造作でウォークインクリーゼットの収納を作りました。
乾太くんの奥にあるウォークインクローゼット。ランドリールームとクローゼットを一体化しています
Q. 乾太くんを使ってみた感想は?
「なんといっても時短。デザインも気に入っています」
とにかく早い!お手入れがラク!梅雨でも悪天候でも関係なく気持ちよく乾いてくれるので、洗濯に関するストレスはかなり減りました。仕事中に予想外の夕立があったとき、ガッカリしなくていいです。朝バタバタして洗濯できなかった日でも、帰ってから洗濯してその日のうちに完了するのは本当にありがたいです。デザインもシンプルで気に入っています。
乾太くんなら電気式の洗濯乾燥機と比較して、乾燥時間が3分の1以下に。衣類乾燥のストレスが大幅に軽減します。
Q. ランドリールームで工夫したところは?
「コンセントは多めに!」
乾太くんの導入は絶対条件だったので、まずは置き場を決めて、そこから造作で収納を作りました。洗濯機の上に乾燥機、天井には電動の物干し竿をつけて、移動せず完結できるようにしました。除湿機とサーキュレーターが使えるようにコンセントを多めに配置しました。キッチンからすぐランドリールームに入れる動線にしています。